人気ブログランキング |

シンガポールで日本語と英語のバイリンガル教育を行っております。是非一度当園にご見学にお越しください。


by irohakids

ご見学のご案内

‘いろは幼稚園’はシンガポールの教育省の正式な認可を受けた日系幼稚園となります。
事前予約制で園をご見学していただけますので お気軽にお問い合わせ下さいませ。 

・・・いろは幼稚園の特色・・・

1. シンガポール教育省の認可園 
(防災面、衛生面、教育面などの厳しい基準をクリアした正式な園です)

2. 少人数制で一人ひとりのこどもに目が行き届く環境

3. 安全を第一に、清潔で園内環境
登園時に健康チェックを行い、しっかり感染症の対策も行っております。

4. 広域に渡るスクールバスも45分以内で幼稚園に到着できるよう配慮
日系園最短時間のバスルートを設定しております。

5. ランチは出来たてのお弁当
いろは幼稚園用に開発された安全で美味しい幼児弁当が届けられます。

6.日本語教育
日本の文化や行事、四季などを大切にする製作や活動の他、通常保育の中でひらがなの文字指導も行っています。

7. 英語教育
シンガポールの幼稚園やインター校でも多用されているLetterlandフォニックスプログラムを採用しております。

8.ネイティブスピーカーによる在園児保護者のためのESLクラスを実施

9.課外教室
バトントワリングやShootサッカー教室(英語)などを行っております。

10.ホリデープログラム
夏休みや冬休みにはジャクパ体操教室やアート教室(英語)などを実施しております。

他にも当園は教育センター内にあるため、楽器遊びや通常の保育も音の制限がなく活動を行うことができます。
またセンター内には駐車場がございますので、お車もご利用していただけたり、MRT駅からも徒歩圏内ですのでご父兄の皆様にも園にお越しいただきやすい場所にございます。

いろは幼稚園の先生方はいつもこどもたちのことを思い、毎日こどもたちが楽しく過ごせるように保育を展開してくださっています。
幼稚園はこどもたち一人ひとりが主人公です。
大切な幼児期を過ごすこどもたちにとって 幼稚園が居心地よく 笑顔で安心して過ごせるよう日々誠実に努めております。

みなさま是非一度いろは幼稚園までご見学にお越し下さい。

【場所】
231 Mountbatten Road, Mountbatten Centre , Block C (S) 397999
※イースト寄りセントラルエリアにございます。
※MRT Mountbatten 駅(サークル線) 出口A 徒歩6分
※Mountbatten駅からの道順  http://irohakids.exblog.jp/19656817/

【申し込み方法】 
お子様の名前、ふりがな、年齢、希望日時、参加人数(大人・子ども)、連絡先電話番号を お電話またはメールにてお知らせ下さい。
 園の電話番号: 6908-5086 (日本語対応)
 メール送付先: irohajeis@outlook.jp

【U R L】 
いろは幼稚園のホームページ  http://iroha.sg/ (英語でもご覧いただけます)a0318155_01192727.pnga0318155_01050431.png
# by irohakids | 2014-10-04 01:43 | いろは幼稚園
※ 皆様お越しくださいまして、ありがとうございました。  

この度いろは幼稚園で未就園児のための親子教室を行います。
みんなで遊んで、みんなで動いて、みんなで歌って、楽しいひと時を過ごしましょう。

各回単発でのお申し込みをしていただけます。
まだシンガポールにいらしてまもない方、同年代のお友達と交流されたい方、こどもたちを遊ばせたい方、、、
いろは幼稚園にいらっしゃいませんか。

下記は9月~10月までの予定となります。

<場所> いろは幼稚園  保育室・ホール

<内容> 童謡・手遊び・製作・リトミック・運動あそび・絵本の読み聞かせなど

      (日本語・英語でのクラスとなります)


<費用> 各回20ドル(GST込み)  

       ※登録料・年会費はかかりません。

       ※保育・制作の準備がございますので、ご欠席の場合は早めにお申し出ください。

       ※申込書とともにご提出くださいませ。

<対象> 
2011年4月~2013年3月生まれ


<日程>

     曜日 : 水曜日  

     時間 : 10時~11時  ※10分前にはお集まりください。

     PNクラス : 10月8日 

     N1クラス : 9月24日(終了)、10月15日

<服装・持ち物>
  ・親子共動きやすい服装、床に座っても大丈夫な服装
  ・靴下またお持ちの方は室内履き
  ・飲み物(水・お茶)  ※園内でのおやつはご遠慮くださいませ。

<申込方法> 
  下記のアドレスに「お子様のお名前・年齢・希望参加日・連絡先お電話番号」をお書きの上、メールくださいませ。
  申込用紙などを送信いたします。

電話   6908-5086   いろは幼稚園(日本語対応)
メール  irohajeis@outlook.jp

<お願い>
 ・キャンセルの場合は早めにお申し出ください。
 ・お子様が発熱、感染症の疑いがある場合は参加をお控えください。
 ・園内での事故や怪我・損傷に対しては責任をおいかねますので、お子様への十分な配慮・注意をお願い致します。
 ・会の様子を撮影し、WEBへ掲載することもございますが、お顔がわかる掲載を控えて欲しい場合は前もってスタッフにお知らせください。
 ・個人的なブログ・ソーシャルネットワークなどへの投稿は他の参加者や園児への個人情報の配慮のため、ご遠慮くださいませ。

みなさまのお越しをお待ちしております!!
みんなで一緒に遊びましょう。

a0318155_01475405.jpg


# by irohakids | 2014-09-30 01:45 | いろは幼稚園

PSI (大気汚染数値)

週はずっとPSI(大気汚染指数)が高く、園でも日によって、外遊びを控えたり、遠足の実施時間を短縮してきました。
こうした状況になった場合、在園のご父兄の皆様にもお伝えするとともに、いろは幼稚園では対策を講じております。

National Enviroment Agencyの発表によると 今日も各地域のPSI (Pollutant Standards Index)が100前後となっています。


※PSIの影響と症状について

ヘイズの強いときは目、鼻、喉などの粘膜が刺激され、目や皮膚のかゆみ、鼻水、咽頭痛、めまい、吐き気などの症状が現れることがあります。

皆様どうぞお気をつけくださいませ。


National Enviroment Agencyのウェブサイト
URL :  http://www.nea.gov.sg/psi/



早くこどもたちが通常の園生活を過ごせるようになりますように!!

a0318155_12380449.png
# by irohakids | 2014-09-19 09:03 | お知らせ
先日初めて日本語ガイドの方の解説を受けながら 美術鑑賞をしました。

日本人ボランティアの学芸員の方の説明を受けながらまわると より見聞が広がり、美術品への理解が深まりました。

以前自分で回った時には分からなった歴史的な背景や宗教・文化のお話や様々なエピソードまで伺え とてもよかったです。


例)Tan Kim Seng氏の写真より。

River Valleyの近くにあるKim Seng Roadの由来にもなったTan Kim Seng氏は大変な慈善家で教育、水道(衛生面)の改善などでシンガポールに多額の寄付・貢献をした方だそうです。

そのTan Kim Seng氏のご自宅で実際に使われていた家具は素晴らしい調度品ばかりですが、その美術品も馴染みのある地域との関わりや 実在されていた方の人柄を伺い、より親近感を感じることもできました。

注:私の例えは正確な記憶ではないかもしれません。ご了承下さい。


他にも身近でみかける動物や植物などの文様やデザイン、モチーフなども それぞれ意味のあるものだったり、縁起のいいものであることが分かりました。
数に対する概念や飾り方などを知ることで、気づくことも多く、本当に学びの多い一時間でした。

下記の日程・ミュージアムで日本語ガイドグループによるガイドが行われますので、是非シンガポールにお住まいの間に説明を受け鑑賞されることをお勧めいたします。

※ガイドの費用はかかりません。 各ミュージアムの入館料のみです。 
学芸員の方はボランティアでお仕事・お勉強をなさっていらっしゃており、丁寧な対応、豊富な知識に基づくお話をしてくださいました。

ミュージアム日本語ガイドグループのブログ

URL : http://jdguide.exblog.jp/

1)シンガポール国立博物館
常設展 歴史ギャラリー 毎週月~金曜10:30 第1土曜13:30
特別展 WE:DEFINING STORIES 毎週木曜 13:00(8月28日まで)

2)シンガポール美術館
常設展 毎週火~金曜 10:30

3)アジア文明博物館
常設展 毎週火~金曜10:30、第2土曜 13:30

4)プラナカン博物館
常設展 毎週火~金曜 10:30
只今常設展に加え、特別展(15分程)のご案内をしております。(12月26日まで)
特別展:~吉祥紋様~プラナカンの祭壇バティック

※上記の情報はミュージアム日本語ガイドグループのブログより引用しました。

ブログには上記のミュージアム以外にも他のギャラリー情報や夏休み企画なども載っておりました。

ボランティアガイドの方がここシンガポールの歴史をはじめ 文化・宗教・風習・流行り・当時のエピソードなど豊富な知識ともとに 誰にでもとてもわかりやすく説明して下さいます。
ミュージアムでの解説はもちろんのこと、ここシンガポールに このような知的で素晴らしい日本人のガイドグループがあることにも感動いたしました。

また是非機会があれば、参加してみたいと思いました。

(プラナカンの食器)a0318155_00021621.jpg



# by irohakids | 2014-08-25 00:08 | ご父兄イベント

ホリデープログラム

夏休みに入り、いろは幼稚園では‘ホリデープログラム’を行いました。
外部の先生をお招きし、楽しいクラスを開催いたしました。

1)アート&クラフト教室

Sally先生による英語のアート&クラフトクラス。
8月9日がナショナルデーということで、PPTを用いて 「街中にたくさん旗が飾っているのはどうしてなんだろう」「シンガポールって何歳になるのかな」「シンガポールってどんなところ」とシンガポールについて説明を受けました。

Sally先生は世界中で活躍するデザイナーさんでいらっしゃいます。

URL : http://www.sallbo.com/

いろは幼稚園のこどもたちのために「マーライオン」をデザインしてくださり、丁寧なレッスンをしてくださいました。
こどもたちにも作業がしやすいように配慮してくださったり、色の説明&クイズをしたりと楽しいEnglish Lessonでした。

こどもたちは色鮮やかな力作をお持ちかえりました。 
みんなおウチで飾っているかな。
a0318155_16482004.png

















2)Jacpaによる体操教室

クラークキーにある日本の体操教室Jacpaによるマット運動、ボール運動などのレッスンを受けました。
立ち姿の美しく凛とした先生による楽しいレッスン、子どもたちのいつもにも増して真剣に取り組んでいました。

URL : http://www.jacpa.co.jp/
a0318155_16552459.png


















いろは幼稚園 http://www.iroha.sg/

# by irohakids | 2014-07-27 17:00 | いろは幼稚園

幼稚園見学

昨日ホリデープログラムが終わり、夏休みに入りました。
夏休み中も職員は出勤しておりますので、いつでもご見学をしていただけます。

電話   +65-6908-5086
Email  irohajeis@outlook.jp

8月11日より通常保育となります。
現在全学年空きがございますので、いつでもご入園していただけます。

みなさまのご連絡をお待ちしております。
a0318155_15111795.pnga0318155_15112944.png

















# by irohakids | 2014-07-23 15:15 | いろは幼稚園

先日バイリンガル教育を実践する園として‘バイリンガル教育とはというワークショップを行いました。

ここシンガポールに住むこどもたちには園や学校の選択肢がたくさんあります。

それぞれの園での特色が大きく異なります。
お子様の性格、今後の生活拠点やご家庭の教育方針を考えた上で 園や学校お決めになることと思いますが、どの学校を選ぶにせよ、ご入園後にはこどもの中長期の成長を考え 必ずご家庭での取り組みが必要になったり、学校や先生方とのやりとりは不可欠となります。

特に小学校にあがるとインター校は‘英語を学ぶ場‘ではなく‘英語で学ぶ場’となります。

インター校のなかには40カ国以上のこどもたちが通うところもあります。
各学校の第一言語を使いこなせるだけの語学力がなければ、自分で授業についていくことはおろか、大切な幼児期や学童期に体験すべきことに関して学ぶこともできないことにもなりかねません。
それだけの国籍のこどもたちが同じクラスで肩を並べるということは刺激的なこともあるかと思いますが、しっかりと自己を確立されていないと流されるがままになってしまったり、大切な母国語も中途半端になってしまうこともあります。

しかし、園の取り組みをしっかりと理解をし、相当のご家庭での取り組みや母国語のフォローもしていき続ければ、必ず語学は身につくものですので、進学先を選ぶヒントやご父兄の方の意識の持ち方について、実際の学校生活などのお話もいたしました。

「海外に住んでいるから」「こどもだから身につくのも早いはず」「いろんな選択肢があるから」とお考えになることもあるかと思いますが、それぞれのメリットデメリットをしっかり理解した上で判断されることをおすすめ致します。

そして、幼児期のうちはまずはこどもたちが安心して自分発揮ができる場や しっかりとした母国語の確立させることは 今後の人格形成にとっても本当に大切になります。
その上でこどもたちが楽しく 英語に対しても苦手意識を持たせず、実践していけるように取り組んでいけるのが理想的な環境なのではないかと考えてます。

下記は園長が行ったワークショップの報告となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日「バイリンガル教育について」ワークショップを開催させていただきました。お忙しい中ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

バイリンガル教育についての知識や理解を深めていただく機会、またお子様の将来設計を考えられる上で少しでも参考にしていただけましたら幸いです。


ワークショップの中でお話させていただいた内容の一部をご紹介させていただきます。

母国語とは?

英語ではNative language, Mother tongue, L1 (First Language)

と言います。生まれた時から臨界期(ある時期を過ぎるとその学習が上達しにくくなる)にかけて最も話す、自分のアイデンティティーや文化が基準となっている言語のことです。


第二カ国語・バイリンガルの習得について

第二か国語とは母国語を習得した上で習う、次の言語のことを示し、二つの言語を幼年期または6歳前から同時に習得することです。

7歳以上の子どもたちがバイリンガルになれないというわけではありませんが、個人差はあるものの7歳を過ぎると聴覚が完成され、新しい音を聞き分けたり発音するのが難しくなると言われています。

幼児期における第二言語習得のメリット

第二言語の習得は、コミュニケーションが少しずつとれるようになってきた頃から始まるため、幼児期の子どもたちは、無理なく自然に新しい言語を習得していくことが出来ます。

幼児期における他言語の発達は、母国語とほぼ同じスピードとペースで進んでいくため、

幼児期の子どもたちは、聞いたままの音をそのまま理解し記憶していくことが容易に出来ます。また、その聴覚と発音は生涯残ると言われています。

幼児期における第二言語習得のデメリット

幼児期の子ども達が母国語以外の言語を習得していく過程の中では、もう一つの言語が母国語よりも上回ることがあります。

母国語と第二言語との区別が難しいため、二つの言語が混同してしまうことが多々あります。2〜5歳のうちにきちんとした教育の中で母国語が定着できるようにした場合でも、もう一つの言語を習得するまでには何年も(最低5〜7年程)要します。

ご家庭での取り組みについて

*二つの言語を決して混ぜない。正しい日本語を使う。

*正しい知識を持ち、それぞれのお子様、ご家庭のニーズに合った選択、サポートをする。

*バランスを保ちながら同じように発達していけるよう、それぞれの言語に触れる機会を出来るだけ均等に持てるようにする。


☆その他、シンガポールの教育事情、卒園後の選択・進路、IB(International Baccaraureate)、インターナショナルスクールの違いなどについてお話させていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チャイナタウンにある語学教室で、実践的な英語を学ぶことができる‘Language Works’の方にもお越しいただきました。
URL :http://www.languageworks.com.sg/

※さまざまな体験イベントもありますので、ご覧くださいませ。

a0318155_14174013.png


# by irohakids | 2014-07-23 14:14 | ご父兄イベント
海外生活を送る上で、親身になってくれる担当の医師や信頼できる医療機関に出会えるというのは本当にありがたいものです。

いろは幼稚園では「日本人会クリニック」より医療面でサポートをしていただいております。

実際に毎日診察を行う医師より助言をいただけたり、当園に通われるご父兄の皆様にもシンガポールでの医療情報を提供できたり、
お子様の健康面についてご相談でき、本当に恵まれた園であると常々感じております。

お陰様は感染症の拡大することがなく、園内でも衛生面での予防に努めたり、日本人会クリニックからの正しい知識をお教えいただいたお蔭で
こどもたちは毎日元気に幼稚園に通園することができました。

先日行われた健康診断でも本当に細かく丁寧に 内診のみならず運動機能や言語発達などにおけるまでみてくださいました。

さて、その日本人会クリニックよりお知らせをいただきました。
現在インフルエンザが流行っているようです。 
皆様にも手洗いやうがいを徹底し、感染予防をしていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インフルエンザ

日本ではインフルエンザがはやるのは冬季12月の終わりから3月ぐらいまでです。ではシンガポールではどうでしょうか?

冬がないのでシンガポールでははやらないのでは?と思っていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。実は、このシンガポールではほぼ年中はやっています。そして、ここ数年は5月下旬から7月が一つのピークとなっています。

 

症状は人により違いがあります。典型例では1-2日、水鼻がでたり、咳が多くなったりします。のどが痛いという人もいます。この時期は熱がでても微熱程度です。普通の風邪かなと思っていると、急に38-40度ぐらいの熱がでます。体の節々がいたく、倦怠感が強くなります。
 
 熱が出て
6-10時間程度立てば検査で陽性に出る確率が高くなります。疑わしい場合は医療機関を受診して下さい。

 
 概ね
5歳以下のお子さんでは、インフルエンザ脳症という重症な状態になる危険が他の年齢よりも高いことが知られています。こうなりますと、意識が混濁し、けいれんなどの他、全身の臓器に障害が出てきます。治っても後遺症(約25
%)が残ったり、重症例では死に至る(10%以下)こともあります。日本では毎年、インフルエンザ脳症にかかる例は100-500例あるとされています。様子がおかしいなと思ったら、なるべく早く病院に連れていきましょう。

 
 予防としては、ありきたりですが、うがい手洗いをまめに行なうことが大切です。また、インフルエンザの予防接種は、幼年者では発症を
50%抑制する効果があるとされ、重症化を防ぐ効果も期待できます。生後6
ヶ月を過ぎればワクチンも接種できますので、積極的に接種するようにしましょう。また、生後6ヶ月以下のお子さんを守る意味でご家族の方が接種を行なっていくことも大切です。ほぼ年中接種できますが、時期により在庫がないこともあります。
 シンガポールの各日系クリニックでは
9-12月にかけてキャンペーンを行なうことが多いので広告などを注意して見てみて下さい。

a0318155_13260623.png




# by irohakids | 2014-07-23 13:26 | お知らせ
シンガポールのこどもたちの遊び場や夏休みのお勧めの遊びなどをご紹介致します。

みなさんの夏休みが楽しいものとなりますように。

1)Time Out Singaporeより

URL : http://www.timeoutsingapore.com/kids

観劇「ヘンゼルとグレーテル」、サイエンスセンターの企画の紹介から 今度の祭日Hari Raya Hajiのイベント情報まで載っています。

他にも料理やアートのワークショップなども紹介されております。

2)水遊び場

URL : http://www.kidsandparenting.com/kidsandp/places-to-go/places-with-water-play-area-in-singapore

公共のプールでは$1-2で大型の滑り台がついているところもあります。

3)水遊び場2

URL : http://www.swimminglessons.com.sg/wet-playground-in-singapore.htm

公共の公園、ショッピングモール、セントウサや各名所にある水遊び場の紹介です。


4)Little Day Outより

URL : http://www.littledayout.com/

イベント情報やシンガポール中の遊び場を検索することができます。


日々の生活もちょっとした工夫で楽しくなったり、面白くなることもあります。

身近な材料や食材で出来ることもたくさん紹介されております。

こどもたちが喜びそうな顔が目に浮かびますね。


5)お料理

URL : http://www.cutefoodforkids.com/

URL : http://www.lilsugar.com/Fun-Food-Kids-21967560#opening-slide

デコ弁からスイーツ、朝食など 盛りつけや切り方を工夫するだけで 食卓が楽しくなりようなものが紹介しています。


6)工作

URL : http://www.koolkidscrafts.com/paper-plate-craft.html

身近にある材料でできる工作もいろいろと紹介されています。


7)お手伝い

URL : http://nihongokid.exblog.jp/20926809/

運動の敏感期にいるこどもたちは 普段の生活の場面で動きを学んでいきます。

特別な教材や知識がなくても、身近にある家事から子どもたちが繰り返し取り組むことで適応力、集中力、達成感、自立心などが育ちます。

是非ご家庭でも日々の生活の中でこどもたちが活躍する場面をどんどんと作ってあげてください。

みなさまの毎日の生活が豊かになりますように。

a0318155_06512417.png


# by irohakids | 2014-07-21 06:47 | お知らせ
こちらのブログではこどもたちの写真を載せることはしないようにしておりますが、園内では下記のような取り組みをしておりますので、ご紹介いたします。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

いろは幼稚園ではシンガポールの全域からこどもたちが通園しています。
ほとんどのお子様が通園バスに乗って通園するため、毎日幼稚園の様子を見ることや先生方とお話しすることができません。
また、当園はではさまざまなご家庭の事情を考慮し、母の会活動や各行事の係をお願いしておりませんので 定期的に園にお越しいただき、PTA活動によるお仕事の負担や時間的拘束はございませんが 自由参加という形でご興味のある方やご都合のいい方に園にお越しいただけるような機会を設けております。

他にもお子様の園生活の様子をより理解していただきたいということから下記のような取り組みで、園の様子を積極的にお知らせするようしております。

1)クラスニュースレター
a0318155_15182365.jpg







毎月2回、こどもたちの様子やお知らせなどを写真付きで作成し、お送りしております。記念になったり、クラスの様子がわかりやすく掲載されているとご好評いただいております。
※画像のクラスレターは1クラスの1回分の記事となります。

2)在園児のページ

在園児のご父兄だけがログインできるページがあり、そこにも保育の様子やお知らせを掲載しております。
2月に開園してから半年で200投稿し、在園児の方のみならず これから新入園される皆様にも情報を共有できるように、また園とご家庭をつなぐツールとして大活躍しております。

a0318155_14524251.jpg  こちらはある日の投稿の一コマより。
  今月のテーマである「果物と野菜」の
  様子を紹介しました。
  
  実際に果物を園内に展示したり、
  こどもたちが触れ合う様子、製作物
  などの画像を掲載いたしました。









3)Email ・ 連絡帳
他にも各担任はEmailアドレスがあり、Emailでもやりとりしていただいたり、日々の連絡は連絡帳も活用していただいております。


また、下記のような場を設け、他のご父兄のみなさまとの交流をはかる機会や園の取り組み・保育のご理解が深まるようにと行っております。

・Family Fun Day
・ご父兄のためのESLクラス
・ワークショップ     など

在園児のこどもたちはご家庭と幼稚園という場所を拠点に大切な幼児期を過ごします。
日々成長していくこどもたちの興味や楽しんでいる様子、こどもたちが生き生きしている姿などを少しでも共有し、ご家庭と園とが一緒になっていけたらと思っております。




# by irohakids | 2014-07-11 14:59 | いろは幼稚園