シンガポールで日本語と英語のバイリンガル教育を行っております。是非一度当園にご見学にお越しください。


by irohakids

後輩に向けて

私がシンガポールに渡星したのは、三年前。

この三年を振り返ると、長いようであっという間でした。

三年前の私は、
「海外で働きたい!」「こどもに関わる仕事に就きたい!」という気持ちだけでした。
いま思えばこの二つの強い気持ちがあったからこそ、
いまも楽しく海外で働き、新しい目標に向かって日々頑張ることが出来ているのだと思います。

私は、学生時代、語学に興味を持ち、留学をしていた経験があります。
また旅行が趣味ということからいろいろな国に行っていたこともあり、
海外で働く、そして住むということに抵抗や恐怖心など全くありませんでした。

しかし、実際三年間海外に住み、働いてみて、
楽しいことばかりではなかったなというのが率直な気持ちです。
故郷である日本を離れ、海外で働くということは、
すぐに親や友だちに助けを求めることが出来ず、
衣食住すべての責任は自分にあるということです。

また
一人の大人として社会まして海外に出て働くことは、
自分が想像していたよりも、はるかに刺激的で時には困難に直面することもありました。

海外に住み、働き始め、二つの大切なことを学びました。

一つ目は、自分の意見を持つことの大切さです。

会議中や、他の先生と話す時も意見を求められることが多く、
普段自分の意見を言うことの少ない私は戸惑いました。
日本語で聞かれたとしても答えられるかわからない質問が多かったからです。
海外では小さな子どもでも自分の意思をしっかり持ち、
はっきりと自分の意見を自分の口で言うので、
その点では文化的に日本と違いがあります。
日本の場合、相手の心情を慮って
NOとはっきり言ったら相手が傷つく」という考えのもとNOとはいえなかったり、
別の表現で断るということをします。
相手を思いやる答えというのは素晴らしいですが、
海外に出たら相手を困らせることにもなるので注意しなければいけないと学びました。

二つ目に異文化を理解することの重要性です。

特にシンガポールは、大きく分けて、
中華系、マレー系、インド系、
ユーラシアン(アジア系とヨーロッパ系のミックス)の4グループから成り、
一方、外国人居住者は、
日本人、韓国人、インドネシア人、タイ人、
ヨーロッパ系、アメリカ人、オーストラリア人など、
様々な民族や国籍の人々が集まっている多民族都市国家です。

また、民族や国籍ばかりでなく、
宗教も仏教、道教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥ-教、シーク教などとさまざまです。
いろは幼稚園にも様々な文化、宗教を持った先生方がいます。
国籍や育った環境、年齢などの違いがあっても、
お互いの文化を認め合い、アイデンティティを尊重しながら、
違いを認め合うことが大切だと学びました。


この3年間でたくさんの貴重な経験を持つことが出来、
自分の自信にも繋がりました。

またそれと同時に私の周りには心許せる力強い同僚や
新しい友だちがたくさん出来、いつも支えてくれています。
シンガポールで出会ったすべての人たちが私の宝物です。


個人的にもう一つお勧めしたいことは、
シンガポールは美味しい食べ物がいっぱいあるということです。
(チキンライス、バクテー、サテー、チリクラブなど)
ホーカーと呼ばれるたくさんの屋台が集まる屋台街は、
シンガポール国内いたるところにあり、
シンガポール国民の食生活に欠かせない場所です。

中華系、マレー系、インド系など多民族国家ならではの
色々な料理がとてもリーズナブルな価格で楽しめるので
私も毎日のように足を運んでいます。

シンガポールの街並みも可愛いですし、
気さくで、優しいシンガポール人の国民性も素敵です。

異国の地で、ひとりで生活を始めること、
仕事に就くことは不安なこともあると思いますが、
それ以上に得られるものも多いです。

第一歩を踏み出さなければ夢を実現することはできません。
ぜひ、夢への第一歩を踏み出してください。


後輩に向けて_a0318155_14333368.jpg


by irohakids | 2017-08-10 14:15 | 幼稚園の先生・求人