人気ブログランキング |

シンガポールで日本語と英語のバイリンガル教育を行っております。是非一度当園にご見学にお越しください。


by irohakids

ESL Network Meetingのご報告

シンガポールでは、数年前よりのインターナショナルスクール間でESL(英語を母国語としない子どもたちに英語を教えている), Mother Tongue (母国語クラス、日本語、中国語、フランス語等の英語以外の外国語)の先生方が年に数回集い、お互いの学校のカリキュラムや教材紹介、子どもたちの習得の様子などについてディスカッションをする研究会が開かれております。
幼稚園から高校まで色々なレベルの先生方が集い、バイリンガル教育についての理解や知識を深める大切な機会でもあります。


色々なインターナショナルスクールの先生方が毎回参加されておりますが、小・中学校の先生方が多く、今まで幼児教育の先生方からの企画がありませんでしたので、今回は本園で開催させていただきました。


いろは幼稚園の完全に英語と日本語が半々という、今までインターナショナルスクールや日系園でもなかったユニークなスタイルのバイリンガル教育にとても関心を持っていただけたようです。
「バイリンガリズムはどのように確立されるのか」「母国語の大切さ」「英語や日本語に始めて触れる子どもたちにどのようにアプローチするべきか」などについても話し合いました。


Overseas Family School, Chatsworth International School, Eton House, British Council などたくさんの先生方にお越しいただき、とても有意義な時間を持つことが出来ました。
今回のワークショップで得た情報や知識を、日々の保育にいかしていかれますよう今後とも向上心を持って取り組んでまいりたいと思います。

下記の画像はグループディスカッションの様子です。
a0318155_17093396.png


by irohakids | 2015-06-07 17:15 | メッセージ