シンガポールで日本語と英語のバイリンガル教育を行っております。是非一度当園にご見学にお越しください。


by irohakids

予防接種について(日本人会クリニックより)

いろは幼稚園では‘日本人会クリニック’に医療面でのサポートをしていただいております。

日本人会クリニックではお子様の病気について親身になってご相談にのってくださったり、日本語で対応してくださいます。
また、シンガポールのローカルの病院では実施していない日本の予防接種も受けられます。
健康に毎日過ごせることが何よりですので、こうして海外生活でもいい先生に出会い、確かな情報を発信してくださるのは本当にありがたい限りです。
是非、皆さまも一読していただけましたら幸いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予防接種について

この国では、わが子への予防接種はどうしたらいいの?と思うかもしれません。ワクチンの種類や基本的な安全面には問題はありません。

私達は外国人ですので、必ずしもシンガポールの予防接種スケジュールに従う必要はありません。

しかしながら、予防接種のスケジュールはその国、地域の実情に合わせてその国が決めたものですので、この国のスケジュールに合わせると言うのもよい考え方です。

定期予防注射の種類にはどのような違いがあるか見てみましょう。

日本ではヒブが既に定期予防接種に入っていますが、シンガポールでは任意です。

また、日本ではB型肝炎が任意ですが、シンガポールでは定期予防接種に入っています。日本には日本独自のMRというワクチンがありますが、日本以外ではMMRMR+おたふく)です。DPT-IPV(ジフテリア、百日咳、破傷風+不活化ポリオ)は現在では当地にはないのですが、これにヒブを含んだ5種混合、さらにB型肝炎までをも含んだ6種混合があります。ちなみにIPVは単独で受けることもできます。肺炎球菌は日本より3年ほど早くプレベナー(7価)が定期予防接種化され、3年以上前(日本は201311月から)から13価となっています。ロタウイルスは日本同様任意です。

私達は外国人であるため、シンガポール国が公費で費用を出してくれることはありません。基本的に自費(お勤めの会社が出してくれることはあると思いますが)です。

また、<保健所からのお知らせ>というものもないので、ご自身で管理しなくてはなりませんが、大抵の母子手帳には日本のスケジュールが乗っているのでそれに従って御来院くだされば大丈夫です。

しかし、実際には何らかの都合で受けていなかったものがある方も多いと思いますし、注射自体も変わったりしています(例:肺炎球菌は昨年11月から日本でも13価ですが既に7価のプレベナーで打たれている方も多いと思います。そうした方には13価の追加接種がすすめられます)。ですので、いつでも気がついた時に、ワクチン接種にどうぞ御来院ください。
その際に、必要に応じスケジュールの相談にものらせて頂いております。

こちらが‘日本人会クリニックの予防接種のご案内’となります。
a0318155_01355801.png


[PR]
by irohakids | 2014-04-20 01:36 | 豆知識