シンガポールで日本語と英語のバイリンガル教育を行っております。是非一度当園にご見学にお越しください。


by irohakids

英語教育

「小さい頃から英語に親しませておきたい」「将来英語で苦労させたくない」「小学校の英語で遅れをとってはいけない」など いま英語教育に対する思いのある父兄も多いのでしょう。

こどもたちの将来や英語教育のために、それらの願いをきちんと受け止めるところを見つけたいとお探しになることと思います。

しかし、その際には 現実にこどもたちのことを第一優先に考えず、経営している園やお教室が多くあるということも念頭におかねばなりません。

日本人が海外で日本語教師で働く場合は 長期の日本語教師養成講座を受講し、試験を受けたりと大変ですが、英語の語学学校や英会話教室で働いている講師のなかには きちんとした資格や教育、経験を持っていない人もいるそうです。

しかし、何故そういった人が こどもたち相手にREADINGプログラムなどを何故担当していけるのかというと

 英語=ネーティブの先生=白人=アジア圏ではない国籍

といった保護者の要望やイメージに応えるために、経営者が素人同然の先生をお雇するケースがあると伺いました。

実際に英語教育といっても ‘バイリンガル教育’‘Audio-Lingual Method’‘Communicative Language Teaching’‘イマージョン・プログラム’‘ International Baccalaureate’‘Phonics’など さまざまな教育法や学習法があります。

また、資格やお教室にいたっても、多岐にわたる選択肢があり、実際の学校や先生方の実態まで踏み込んで判断し、決めることは難しいかもしれません。

しかし、まったく馴染みのない言語を学ぶ際に、どのような学習方法であれ きちんと受けているものを理解し、それにあった対応をできなければ、身につくものもみにつきません。

ましてや、担当する先生が幼児教育の理解もない、指導力もない先生であるとしたら どうでしょうか。

こどもの発達や年齢、興味に合わせて カリキュラムもたてられないようであれば、いくら母国語が英語の人でもまったく意味がありません。

以前、語学の先生をしている方に どのような訓練を受けてきたかと伺ったことがありました。
その方は英語の文法や指導法を学ぶ以前に、自分たちが全く知らない民族の言語を習得するところからレッスンが始まったとおっしゃっていました。
実際に自分もゼロから学ぶことを経験することで 相手の気持ちが分かったり、語学習得に大切なことなどにも気付くことができたそうです。

アジア圏にも英語を母国語とする国はたくさんあり、そこでしっかりとした英語教育や幼児教育を受けてきた先生方が大勢いらっしゃいます。しかし そのような先生方が軽視され、国籍や見た目の印象で ふさわしくない人材が重宝がられる傾向のあるというのは 本末転倒なような気がしました。

私たちの園では 日系幼稚園を開園するにあたり、シンガポールのある教育機関とともに、日本人のこどもたちに合った英語のカリキュラムを研究し、実践していきます。

授業ごとに改善すべきは改善し、足りない点は重点的に繰り返せるようフィードバックをしながら、しっかり幼児期に英語の力を身につけられるようなプログラムをカスタマイズし 行っていきたいと思います。
また、こどもに対する理解の深い先生方に受け持ってもらおうと思います。

英語を習得するためには 「クラスに英語の先生がいれば話せるようになる」「シンガポールに住んでいれば大丈夫」ということはありません。

語学教育というものは奥が深く、またデリケートなものです。
ただ、楽しいだけ、学ぶだけ、その環境にいるだけでは、英語を使えるようにはなりません。

まして、小学校にあがった際には「英語そのものを丁寧に学ぶ」段階から「英語をもとにさまざまな学習をついていく」ようになりますので、きちんとした語彙、表現力、聞き取りなど 幼児期にしっかりとした土台になければ、インターナショナルスクールやローカル校に行くことは難しいでしょう。

そのため、そのような選択肢をお考えになる場合には こどもの頃から 英語を学ぶためのしっかりとした意識と 正しい指導ができる先生やカリキュラムが不可欠になると考えます。
a0318155_1684031.jpg
[PR]
by irohakids | 2013-10-07 05:07 | シンガポールの幼児教育事情