シンガポールで日本語と英語のバイリンガル教育を行っております。是非一度当園にご見学にお越しください。


by irohakids

幼稚園の先生の仕事内容

幼稚園の先生の仕事とは、「こどもたちと一緒になって遊ぶ、こどもたちの成長を感じながら保育を進めていく仕事」というイメージが 一般的でしょうか。

普段 保護者の方やこども達が目にする先生のお仕事は 業務のほんの一部でしかありません。

今回は、幼稚園の先生方がどのようなお仕事をされているかをご紹介致します。
(注:日本にある私立園の一例です。地域・園により仕事内容は異なります)

・・登園前・・

園バスの乗車、園外・園庭の掃除、換気、設備チェック、活動の準備、朝礼、動物・虫・植物の世話、ピアノの練習 等

・・保育時間・・

園児の体調チェック、出欠席確認、朝の会、体操、自由遊び、園外保育、水遊び、一斉保育(歌、リズム遊び、運動、ダンス、製作絵画活動、栽培物・虫などの世話)、昼食、行事の準備、避難訓練、誕生会、連絡帳チェック、歌、ピアノ、読み聞かせ、手遊び 等

※こどもたちに手洗い・うがいを促します。
 衛生面に配慮しつつ、配膳、食育も行います。
 基本的生活習慣を身につけるお手伝い
 (食事・睡眠・排泄・清潔・衣服の着脱)
 →オムツ交換、トイレ補助はもちろん お漏らしをしたこどもの着替え、片付けも行います
 常に子どもの行動・言動に注意をし、気持ちに寄り添うよう心がけます。
 集団生活を通じ社会性を養わせるような保育室の環境設定、遊びや活動も考えます

・・降園後・・

園内掃除、遊具・教具の洗濯・補修、片付け、園バス乗車、保護者対応、行事準備、配布物の作成、遠足の下見、製作物の試作、材料買出し、戸締り、個人記録、カリキュラム・保育案作成(週案・月案・日案)、会議、指導要録(転園・小学校進学の際に提出する書類)、保護者会、懇談会、研修会、研修会のレポート・報告、役所・業者対応、行事の会場設定、リハーサル、延長保育 等
時に大工仕事や草むしり、衣装作り、ペンキ塗りなど 必要であれば何でも行います

※園の行事の例

入園式、卒園式、運動会、発表会、展覧会、季節の行事(こいのぼり、ひなまつり、クリスマス、夏祭り、敬老の日など)、誕生日会、防災避難訓練、交通安全、始業式、終業式、親子ふれあいDAYなど

一つの行事には立案から当日まで数ヶ月かかり、毎日の保育に加えていくつもの準備を平行で行っていきます。

※日々の活動は こどもの年齢、興味、人数、環境などにより、保育士が考えます。
一つの活動(工作など)を行うためにも、さまざまな資料や材料などを研究し、試作、行程を考え、買出し、準備、環境設定をし、ようやく一つの活動になります。


保育士の仕事は 体がいくつあっても 時間がいくらあっても足りません。
上記の仕事内容だけみても、多くの知識や経験が必要なことがみてとれると思います。

そんな毎日のお仕事も すべての行動や準備はこどもたちの喜びや成長へ繋がっていると思うと 大変な仕事もやりがいへと変わっていくものなのです。

実際の保育現場では低賃金・長時間労働で、ほとんどの私立の園では 先生方の情熱に頼って成り立っています。

体力的にも、評価も厳しい中で、それでも頑張っていらっしゃる先生方が全国、全世界で活躍されているのは、やはり そこには幼児教育の面白さがあるからだと思います。
先生方自身も こどもたちから多くのことを学べる、まっすぐで 毎日を一生懸命生きているこどもたちに感動を受けることがあるからこそ、続けていける仕事なのです。

更に今は社会のさまざまなニーズにより、現場の先生方はマルチに活躍することを求められ、一人で何役もこなし、大変な思いをされていらっしゃる方が大勢いらっしゃいます。

国や自治体、園、保護者の理解により、先生方の処遇を改善し、先生方が職業人として専門性を磨けるような体制作りが必要なのではないかと考えます。

【いろは幼稚園のホームページ】
http://iroha.sg
※英語でもご覧いただけます。


a0318155_1624143.jpg

[PR]
by irohakids | 2013-09-04 16:29 | 幼稚園の先生・求人