シンガポールで日本語と英語のバイリンガル教育を行っております。是非一度当園にご見学にお越しください。


by irohakids

寄贈品をいただきました

昨日、このブログを通して、寄贈品のお申し入れがあり、保育の現場で重宝しそうな大型の棚などをいただきました。

直接お会いし、お礼を言うことができませんでしたが、賛同していただいたお気持ちに応えられるよう、今後もここシンガポールで「日系幼稚園開園」に向けて 頑張っていこうと思います。

ご寄付いただいた品は新設予定の「日系幼稚園」で大切に使わさせていただきます。
本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回開園予定の「日系幼稚園」では、各クラスに日本人の担任の先生に入っていただきたいと考えております。 

そのためには日本にいらっしゃる先生方をシンガポールにお呼びし、日本人のための「日系幼稚園」で働いていただくことになります。

求人募集を始めましたが、ここシンガポールで働けるようになるまでには まず Ministry of Manpower(新加坡人力部。日本でいう厚生労働省)で発行される就業ビザがおりるかの審査が必要になります。

この「就業ビザ」の発行は年々厳しくなっており、いくら志あり 素晴らしい資質のある先生方でも、学歴、年齢、年収など「就業ビザ」問題により、泣く泣くお断りしなくてはならない応募者の方がいらっしゃいます。
また、雇用側もさまざまな条件をクリアしなければ、1人の外国人をお雇いすることすらできないのです。

そして、書類審査や面談を経て、ご縁のあった先生方にシンガポールにお越しいただく準備が始められます。

現在日本にお住まいで「海外で働く!!」ということになると、現在の住まいを引き払ったり、仕事を変えたり、さまざまな方とお別れをし、海外生活に臨むことになります。
それは大変な勇気のいることであり、新天地で1からのスタートをきることになります。

しかも、ただ海外生活をするだけではなく、海外で実際に責任のある仕事に就くということは今まで経験のしたことがないことに直面することもあるでしょう。

また、海外で実際に日本人の子どもたちに保育をするとなると、‘楽譜’一つとってみても 実際に譜面を手にとって選んで すぐに買えるわけではなく、わざわざ日本から取り寄せないといけません。
教材になる日本のものを探すのにシンガポール中を探し回らないといけないことがあるかもしれません。

そのため、先生方には住まいや生活面において心配せずに 保育に集中していただけるような環境や体制を整えてあげたいと思っております。 
就業ビザなどの手続きはプロのエージェントの方にお願いしたり、安心したシンガポールライフを送れるようにバックアップをしたり、その他対応が必要なことも 日本語で相談にのれるよう体制を整え、お仕事をしていただけるよう努めたいと思っています。

今回寄贈していただいた品にも、先生方がシンガポールでお住まいになる際に使っていただけそうなものがありました。 

先生方も、子どもたちも、父兄の方もみんなが助け合い、支えあい、成長し合えるような園になるように願ってやみません。

どうぞ、これからもよろしくお願い致します。 

【 いろは幼稚園のホームページ 】
http://iroha.sg/
(英語でもご覧いただけます)
a0318155_13303461.jpg
[PR]
by irohakids | 2013-08-22 13:32 | ありがとうございます