シンガポールで日本語と英語のバイリンガル教育を行っております。是非一度当園にご見学にお越しください。


by irohakids

シンガポールで幼児期を過ごす子どもたちのために

海外で子育てをしていると、安全、治安、衛生面、交通機関、教育、食事、医療などで 思わぬ困難や日本とは違う制度や事情を知り、戸惑うこと、びっくりすることが多々あります。

もちろん、シンガポールのように多民族国家での子育てを経験することにより、今まで知らなかった文化に触れ、海外の人との交流も出来、貴重な体験をすることが出来るのは、海外生活の醍醐味でもあります。

しかし、ここシンガポールでは、来星して早々 多くのお母様方が 土地勘もない時期から 子連れでシンガポール国内をタクシーで駆け回っていらっしゃいます。

まず、説明会の予約を取り、幼稚園をまわり、WAITING LISTに子どもの名前を載せてもらわなくてはなりません。

しかし、せっかく園に足を運び 話しを聞けたり、現場を見れても、希望の幼稚園に入れるわけではありません。
また、低年齢のお子さまほど入園への道のりは厳しいように思われます。

すでに、現段階で2014年の4月入園まで、入園をお断りしているところ、また待機児童がいっぱいで リストに名前さえ載せてもらえないところもあります。

そんな状況のなかで、せっかくシンガポールに家族で越してきても、子ども達が通う園すらなければ、この暑い常夏の国で、知り合いもなく、日本のように無料で使える児童館もない状況で、毎日どうやって過ごせばいいのでしょうか。

また、「敏感期」にいるこどもたちが 幼児教育を受けることが困難で、友達とのびのびと毎日遊びことも出来ない現状を知り、どうにかできないだろうか、、、と考えました。

そして、ならば「シンガポールに日系幼稚園をつくろう!」と思い立ち、コネクションも資金もないなかで 地道に人に話してまわり、協力者たちを得て、今ようやく「開園」に向けて動き出しました。

その中で、なぜ日系幼稚園の数が増えないのかシンガポールの教育事情について不動産就業ビザなどの規制など 見えてきたこと、わかってきたことを このブログを通して発信していきたいと思います。

今はシンガポール人やPR(永住権)をもつ方々の協力を得て、準備を進められているので 何とか頑張っていますが、どうにかこうにか頑張っても 彼らに難しいと判断されたら 外国人である我々は開園するための道のりは更に険しくなり、諦めざるえない状況にもなるかもしれません。

しかし、私の力では微力すぎて どうにもならない問題でも どうにか方法があるのではないか、、、と毎日模索しながら 頑張っています。

日本人の子どもが シンガポールで自己発揮し、楽しく、貴重な幼児期を過ごせるように どうかご支援とご理解をいただけたら 幸いです。

どうぞ、よろしくお願い致します。


【 いろは幼稚園のホームページ】
http://iroha.sg 
(英語でもご覧いただけます)a0318155_11415069.jpg
[PR]
by irohakids | 2013-08-18 22:58 | メッセージ