<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Brain Development

- How you can help your child learn and grow.

The brain is an amazing and fancinating organ.
Everything we do begins in the brain, and every learning, every feeling , every thought.
Understanding brain development stages help us children to become the best learners that they can be.

This mini hands-on brain development workshop was tailored for parents of children who are just beginning their academic journey.

The session covered the development stages of child's brain from 0-6,and parents had a chance to learn the secrets of how the brain works and grows.

先日ご父兄のための英語のワークショップで ‘脳の発達’について学びました。
成長発達が著しい幼児期では、こどもたちの脳の働きも大きく、人間形成の土台が作られる時期でもあります。
この時期に親をはじめとする周りの人たちの関わり、日々の生活、声掛け、こどもと接する姿勢はとても重要となります。
きちんとした脳の育ちの原理を理解することで、こどもたちとどのように接したらいいのか、中長期の育ちを見据えた親としての姿勢も ワークショップを通じて学びました。

a0318155_23121084.png





[PR]
by irohakids | 2016-06-23 14:32 | ご父兄イベント
幼稚園のうちはお友達のお宅にお邪魔をしたり、お友達を自宅に招いたりと家族ぐるみでのお付き合いがあります。
また、こどもたちは園で季節を感じ、行事をひとつひとつ楽しみながら 日々の生活を送っています。

今回のカップケーキのデコレーションクラスでは お出かけの際のお持たせやお集まりの際にも応用できる技を教えていただきました。

Spoonfulのご協力を得て、Miki先生に園にお越しいただき、ご父兄のためのイベントを開催致しました。

Miki先生はニューヨークにお住まいになられていた際に Wilton Method Courseにも通われていらっしゃいました。
その後も製菓の研究をしながら、食に関するお仕事を多岐にわたりなされ、現在シンガポールでも、お料理、製菓の講師としてご活躍されていらっしゃいます。

そのMiki先生に 夏休み 自宅でもこどもたちと一緒に楽しみながらできるデコレーションを教えていただきました。

カップケーキは、身近な材料で作ることができる焼き菓子です。
そこに、生クリーム、バタークリームなどのクリームでデコレーションをしたり、果物、チョコレート、クッキー、マショマロなどのトッピングを付け足すだけで、動物になったり、クリスマスツリーやお花になったりとさまざまなアレンジができます。

こどもたちが箱を開けた時にワクワク感を感じたり、嬉しそうに選ぶ姿が目に浮かびますね。

お教室を通じて ちょっとしたひと工夫で ぐっと生活が豊かになるヒントをいただくことができました。

ご参加いただきましたご父兄の皆様、いつも誠実にご準備や企画をしてくださるSpoonfulのスタッフの皆様、本当にありがとうございました。


a0318155_13420012.png
[PR]
by irohakids | 2016-06-23 13:49 | ご父兄イベント

新規園のご紹介

本園は2014年に開園して以来多くのご家族に恵まれ、今年で開園3年目を迎えました。

現在Mountbattenの園では100名を超える在園児、通園バスも13台運行し、各地域から多くのこどもたちが通園しております。

いろはでは開園当初より真剣にバイリンガル教育を実践しており、園内は英語、日本語の両言語が生活の中で実践的に使われています。

教諭らはこどもたちの成長に寄り添い、自然な形で母国語である日本語の確立ができ、英語にも親しむ環境が整っています。

これまでにも多くの方にご入園を希望をいただきましたが、こどもたちの通園バス時間の負担を考え、エリアを限定をし、入園のご案内をしておりました。

今回20169月より2園目をオーチャードやホーランドビレッジからも程近いタングリンエリアで開園することになり、より多くの方にご案内ができる運びとなりました。

現在準備段階ですので、少しずつこちらのブログなどを通じて新規園のお知らせをしてまいります。

新規園は自然豊かな閑静な地域にあり、歴史的な建物に こどもたちがのびのびと過ごせる素敵な場所となります。

シンガポールにお住いのご家族に愛される園を目指し、こどもたちにとって笑顔あふれる園となるよう努めていく所存です。ご期待ください。
a0318155_04034588.png


[PR]
by irohakids | 2016-06-20 02:26 | 幼稚園ができるまで
新年度が始まってから早いもので3か月が経ちました。

通園のリズムが身につき、新しい環境にも慣れ、子どもたちにもゆとりができてきました。

各クラスこどもたちも穏やかに過ごしており、皆よくおしゃべりをし、先生方との楽しそうなやり取りを見るたびに微笑ましく感じます。

シンガポールには様々な地域から それぞれのタイミングで来星されるご家族がいらっしゃいます。

そのこどもたちは入園した時からいろはでは英語、日本語の担任の先生にそのままの姿を受け入れてもらい、こどもたちは安心して園生活をスタートさせることができます。

ご父兄の方にも海外での新生活や子育てということで不安を感じる方もいらっしゃることと存じます。

いろはでは母の会、クラス役員、行事の係は一切ありませんが、その代わりに自由参加で在園児のご父兄の方が集えるご父兄イベントを通年を通して実施しております。

また、先日は在園児のご兄弟、未就園児向けのクラスも行いました。

幼稚園はこどもたちが大きく育つ場です。

同時にそのご家族が心和やかに子育てに向き合えるようにと考えております。
園行事、園生活以外にもこうしたご父兄やご兄弟の方が参加できる活動を通し、共に海外で暮らす同年代のお子様を持つご家族がつながり、交流を持つことで、こどもたちの生活も豊かになればと願っています。

こども一人ひとりには限りない未来があります。

こどもたちがいるからこそ味わえる感動を心の糧、エネルギーにして、これからも職員一同で邁進していきたいと思います。


a0318155_03391301.pnga0318155_03385688.pnga0318155_03383710.png


[PR]
by irohakids | 2016-06-12 03:41 | メッセージ

お習字

いろは幼稚園では「日本習字」の素晴らしい先生方にお越しいただき、課外クラスを実施しています。

幼稚園生にお習字は早いとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、幼児期からこどもたちは‘文字’への興味も強く、読めるようになりたい、書けるようになりたいという意欲的な姿勢が見られます。

しかし、ただ単に文字を認識し、書けるようになればいいというわけではなく、はじめから基本をしっかりと身につけることの大切さ、必要性を強く感じます。

特に持ち方は変な癖がつくと、年齢を重ねるほど矯正するのが難しく、一度覚えてしまった持ち方は一生身についてしまうことも少なくありません。

鉛筆の正しい持ち方ができるようになると 文字がきれいに書けるだけではなく、指に負担なく、集中力が高まります。

小学校では1人の教師が集団の学習を指導し、時限ごとに違う教科のお授業が進むので、学校で一人ずつそうした癖を丁寧に矯正するのは難しく、幼児期または小学生の早い段階でのご家庭のサポート、こうしたお習字教室などの取り組みがこどもたちの今後に大きな影響を与えます。

いろは幼稚園でお習字を担当してくださっている先生方はこどもたちのそれぞれに合わせて、毎回真摯に向き合ってくださいます。

こどもたちもお習字がきっかけとなり 平仮名に興味を持つようになったり、自分が書いた文字がどんどんと上達していくことを実感しているようです。

幼児期にこうした先生方の出会いがあるということは本当に幸せなことです。

そして、お習字を通して こどもたちが考えながら丁寧に文字を書こうとし、字の形のとり方、バランスよく書く意識、机に向かう姿勢、正しい筆順も身に付きます。

年間を通して、お習字を取り組んできたこどもたちのそうした基礎力は高いと感じます。

今の時代、パソコンや携帯が発達し、生活の中でも手書きで文字を書く機会が減っていますが、そんな時代だからこそ、一生の財産になる美しい文字を身につけて、自信を持って前に出られるこどもたちに育ってほしいと願っています。


a0318155_01053684.png




[PR]
by irohakids | 2016-06-10 01:12 | 課外クラス

シンガポール植物園

ここシンガポールは常夏のため、季節や自然の移り変わりを感じることが少なく、時に年月の感覚が鈍ることがあります。
加えて現代に生きる私たちは日々忙しく過ごすうちにふと立ち止まって道端に咲く花に目を向ける心の余裕すら失われてきています。

日常生活の中で太陽の下で、自然の時間の流れを感じる時間を作ることも必要なことだと、今回植物園を回り感じました。

先日、オーチャードから程近い‘シンガポール ボタニックガーデン’にご父兄の皆様と一緒に行ってきました。

Singapore Botanic Gardensは高層ビルが建ち並ぶ大都会からのアクセスも良い場所にありますが、古くから人々に愛されている広大な敷地面積を誇る庭園植物園です。

昨年シンガポールにおいて初のUNESCOの世界遺産に認定されてから更に注目を浴びるようになりました。

敷地内はいくつかのテーマごとに美しく整備され、中にはレストランやこども専門の遊び場、国立蘭園、オープンエアーシアターなどもあり、開放的で気兼ねなく訪れることができる空間です。

南国特有の花やたくましい草木のみならず、鳥や蝶たちも出会ったり、中にはオオトカゲなども隠れていて、自然のままの姿を見ることもできました。

何度訪れても新しい魅力を発見でき、のんびりと散策しながら緑に囲まれた時間を過ごすことで心地よい汗と心穏やかな時を過ごすことで明日への活力をチャージできました。

Singapore Botanic Gardensのサイト

URL  www.sbg.org.sg
 
a0318155_04491039.png

[PR]
by irohakids | 2016-06-07 04:48 | ご父兄イベント