<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先日 ご父兄イベントの企画で National Museum of SingaporeにあるNational History Galleryに行ってきました。


今回も日本語特別ガイドの皆様のご協力により、シンガポールの歴史について学んできました。


ミュージアム日本語ガイド

国立博物館はビクトリア様式の白亜の素敵な建築物です。

中もコロニアル時代の雰囲気が残っているところと現代的な建築構造で シンガポールを象徴するような建物となっていました。

今年は「シンガポール建国50周年」ということで SG50が注目されましたが、シンガポールの歴史は古く、今年リニューアルをされたばかりのHistory Galleryでは 14世紀から現代に至るまでの歴史を 貴重な絵画や書籍、レプリカ、衣類や食器、宝飾品を用いて 時代とともに移り変わってきたシンガポールを紹介してありました。


現在の多民族国家に至るまでには、大航海時代以前から多くの外国人の出入りが繰り返され、仏教、道教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教などの宗教や文化も尊重されながら、今の生活様式や街並みが築かれてきたことを知ることができました。


国立博物館には日本の占領時代のコーナーもあり 実際に日本軍がマレー半島からシンガポールまでは自転車を利用しながら南下し、侵略してきたことを知りました。

また どのように住民を恐怖や絶望に陥れたのかがわかる資料も多く展示されておりました。


実際に占領時代には 日本語教育の強制や神社の建設も行われ、ラジオ体操から食糧配給、軍票まで行われていたようです。

また、地名や建物名も日本名に変えられたり、刑務所の一部や強制収容所の写真、遺品も残されていました。


有名な建国の父である故リー・クランユーは「イギリスの植民地時代、日本の占領時代を経て 誰にも圧迫されることなく尊厳を持てる国でこどもたちを育てよう」ということばを残しています。


独立後は 資源や資金もなく、衛生状態も治安も悪かった東京都の23区ほどの小国がこれほどまで発展してきた背景には 壮絶な歴史があったことを改めて知る機会になりました。


私たち日本人はここシンガポールでは 人口の0.5%にも満たない圧倒的少数派民族です。

また、日本軍による約3年半にわたる住民の弾圧や日常生活も統制してきた事実があり、当然日本への反感や恨みもあったかと思います。


しかし、今現在シンガポールに住んでいても そうした歴史的な現実があったにも関わらず 外国人で 日本人である我々が平和に住むことができ、民間、市民レベルでも 友好的に過ごすことができるのは 故リー・クアンユーのお蔭であり、日本人である私たちは知っておかなければならない事実がある思いました。


ちょうど特別ガイドの際にも 日本軍のコーナーあたりから シンガポールの徴兵の方々が見学をされていて、時代が違ければ 敵対していたり、罪のない若者が投獄されていたのかと思うと なんとも言えない気持ちになりました。


ヒストリーギャラリーには 他にも 身近な地名の由来にもなったシンガポールの歴史上重要な方々のご紹介や 何故シンガポールが世界でも重要な貿易拠点になったかなどを わかりやすく説明がされていました。


日本語ボランティアによる特別ガイドを通じて、歴史に触れる貴重な時間となりました。


いろは幼稚園ではこれからも年間を通して ご父兄の皆様にも「シンガポールについて知る」「より理解を深める」イベントを計画していく予定です。

シンガポール、海外に住んでいる私たち外国人は 今の状況に感謝をし、住んでいる国の歴史を知り、国民や文化を尊重するようにならなければならないと強く感じた1日となりました。



a0318155_05202967.png


[PR]
by irohakids | 2015-11-29 05:20 | ご父兄イベント

ご見学のご案内

早いもので 11月も半ばとなりました。
日本に七五三のお祝いに一時帰国していたこどもたちも続々とシンガポールに戻ってきました。。
お着物を着たこと、お祝いをしたこと、神社に行ったことなどを嬉しそうに報告をしてくれました。
ご家族の皆さんに祝福され、育っていくこどもたち。
これからものびのびと皆に愛され、健やかに過ごして欲しいものです。


さて 現在2016年1月、また4月からのご入園のお問い合わせをいただいております。
見学は随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ご見学は平日の保育時間内に行っております。
また、行事や保育に支障がないお時間帯でのご案内となりますので、ご予約なしでお越しいただいた場合 ご要望に添えませんので 必ず事前予約していただきますよう ご協力をお願い致します。

また、2015年12月15日-2016年1月7日までの期間は既に予約をお受けしている方以外は ご見学及びオリエンテーションのご案内ができませんので ご了承ください。

<申込方法>
お子様の名前、ふりがな、年齢、希望日時、参加人数(大人/こども)、連絡先お電話番号をお書き添えの上、下記のメールにてお申し込みください。

Email    
irohajeis@outlook.JP   (※ JPは小文字の置き換えてください)

※ いろは幼稚園のホームページ
URL  http://www.iroha.sg/

※ MRT Mountbatten 駅からの道順 (サークルライン)  
URL  http://irohakids.exblog.jp/19656817/
皆様からのお問い合わせをお待ち申し上げております。


<特別支援のお子様の入園に関して>

現在お子様の発達や入園のご相談についてのお問い合わせをいただいておりますが、現段階では 療育の分野での準備が整ってございませんので、当園では基本 保育を行うにあたり、特別な支援が必要なお子様のお受け入れは行っておりません。

療養を必要とされるお子様のお受け入れに際しては医師、保育士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士、児童指導員などと園の枠を超えて連携をし、お子様の成長を支援していく必要がございます。
お子様の発達の特徴や症状、診断などによっても治療法や関わり方もそれぞれのお子様によっても大きく変わってきますので 早期発見、早期療育を始めることが大切だと考えております。
周囲の理解と正しい知識による個別指導、支援により、こどもたちの可能性はより広がると信じております。

当園では日々の保育を通じ、こどもたち一人ひとりに寄り添い、サポートしていきたいと考えておりますが、上記の理由により、入園考査の際にお受け入れを検討することがございますが ご了承くださいませ。

a0318155_00465437.pnga0318155_00461832.pnga0318155_02551524.png
[PR]
by irohakids | 2015-11-17 02:58 | いろは幼稚園

Deepavaliのお祝い

民族国家のシンガポールには、各宗教の祭典が国民の祝日として定められています。

Deepavaliはヒンドゥー教を信仰する人たちが新年をお祝いする日です。
ヒジュラ暦のため、毎年日付は変わりますが、2015年は11月10日に行われました。

いろは幼稚園ではさまざまな国籍や宗教を信仰していらっしゃる職員が勤務しています。
そうした先生らを中心に、Deepavaliについて学び、こどもたちと一緒にお祝いをしました。

数週間前からリトルインディアでは露店やマーケットが出たり、夜はきれいな電飾で彩られ華やかで賑やかな雰囲気となります。

クラスによっては園外保育でもリトルインディアへ行き、実際にインドの衣装やさまざまな装飾などを見てきました。

また、インドの製作やヘナをしてくださる方をお招きし、インドのおやつを食べ比べたりと Deepavali Partyを開きました。


お祝いの仕方やお話の由来は違いますが お正月を迎えるにあたり日本同様に まずは家のなかを大掃除をし、洋服を新調し、お玄関にはきれいな花びらやカラーの砂でできた文様で飾るそうです。 
また、お菓子やたくさんのお食事をこしらえ お客様を迎える準備をするところなど 共通点も見受けられました。

一年のスタートを迎えるにあたり、家族の健康や幸せを願う風習は全世界共通の思いなのですね。

シンガポールでは こうした異文化に身近に触れ合うことができ こどもたちも 小さな頃から異文化に自然と親しみを覚えられる環境にいられることは本当に恵まれていますね。


Happy Deepavali !!


a0318155_03234788.png
[PR]
by irohakids | 2015-11-10 03:01 | いろは幼稚園

ハロウィン

スポーツデーも無事に終わり、こどもたちは大きな行事の取り組みを通じてクラスとしてのまとまりやそれぞれのこどもたちもたくましさがましてきたように感じます。


幼稚園では ハロウィンのイベントを行いました。
みんな 思い思いのすてきなコスチュームを着て登園してきたこどもたち。

先生方の出し物の ‘かぼちゃ’の出てくるマジックショー(?)をみたり 各クラスでも楽しみの時間を過ごしました。

「Trick or treat !」 と 手作りのかごを持ちながら園内をまわっている姿も みんな本当に可愛かったです。

今年は先生方の衣装も豪華でしたね。
こどもたちと一緒に楽しみ、笑顔があふれる楽しい1日となりました。


a0318155_03485689.png
[PR]
by irohakids | 2015-11-05 03:41 | いろは幼稚園

スポーツデー

10月下旬、約450名の在園児やご家族の方々に参観・参加をいただき,スポーツデーが行われました。


子どもたちは,練習の成果を十分に発揮し,すばらしい運動会となりました。
力を出し切って競技や演技をし,みんなで協力し,輝く姿が見られました。


保護者の皆様には,運動会へのご理解やご協力,子どもたちへの温かいご声援をいただき、ありがとうございました。


今年は夏休み明けからヘイズに悩まされ、思うように練習の日程が組めないこともありましたが、スポーツデーへの取り組みを通じて、本番ではすがすがしい笑顔や達成感、堂々とした表情を見せてくれたこどもたち。その成長した姿はとても眩しく心を打たれました。


PN,N1クラス

ご両親様のもとを離れ、大勢のお客様の前で立つことができました。

たくさんの拍手をいただき、よかったですね。


N2クラス

練習通り、堂々と大好きなダンスやかけっこを楽しむことができました。

逞しく成長した姿が見られましたね。


K1クラス

パラバルーンの演技では一人ひとり自信を持って 取り組むことができましたね。
クラスとしての連帯感もでてきて お互いに助け合い、みんなのこころが一つになりました。。


K2クラス

コツコツと練習をし、それぞれが意識を高く持ってのぞんだ組体操。

素晴らしい演技に他学年のこどもたちはあこがれと尊敬の眼差しで見つめていましたね。
「上手だったね」「本当にきれいだったよ」と沢山褒められ誇らし気な笑顔が印象的でした。


ご父兄競技

スポーツデーを盛り上げてくださったご父兄リレー。迫力のある走りと真剣な表情は圧巻でした。
ご参加いただき、ありがとうございました。


スポーツデーに向けて、さまざまな場面を想定し、準備を進めてくださった先生方。

日本の運動会を経験するのは初めての英語の先生方にも、一つ一つ共通理解をはかり、それぞれの競技や演技を考え、安全に、円滑にプログラムが進行していけるようクラスの枠を超え、チーム一丸となって取り組みました。


今回ご協力いただいたインター校のスタッフの方々は 実際にいろは幼稚園のスポーツデーをご覧いただき、日本のこどもたちの運動能力の高さ、職員の組織力のよさ、プログラム内容の濃さなどを驚かれていらっしゃいました。

こどもたちの頑張り、職員のチームワーク、保護者の皆様の愛情がすべて揃い、素晴らしいスポーツデーを開催できることができました。
心より感謝致します。


練習風景より
a0318155_06400834.png


[PR]
by irohakids | 2015-11-04 06:42 | いろは幼稚園