<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

シンガポールには多彩で魅力的な素晴らしい方が大勢いらっしゃいます。

そのお一人、シンガポールで15年にもわたり バレエ教室スタジオアーツ パッセを運営されてきた井口みな先生をご紹介いたします。

井口先生は日本の一流バレエアカデミーを経て、プロのバレリーナとしてご活躍されていらっしゃいました。
ご縁があってシンガポールでもご活躍の場を広げられ、現在はご自身のスタジオをはじめ、さまざまなところでバレエの講師としても指導にあたられていらっしゃいます。

シンガポールにもいくつものお教室がございますが、スタジオアーツ パッセの先生方は 中長期のこどもたちの発達を踏まえ、高い意識をもってこどもたちを育てていらっしゃり、先生自身も己の身体を通してバレエのメゾットを学び、深い本質を探求なさりながら今日まで歩まれていらっしゃいました。

バレエではバレリーナのスタイルやテクニック、演目ばかりに目がいきがちですが、舞台の上で物語を伝える表現力や感性、日々の鍛練から生まれる踊りが生演奏と合わさり創られるすばらしい世界観は総合芸術そのものです。

教育と同様バレエも毎日毎日の地道な積み重ねが実を結びます。
幼稚園とバレエ教室とそれぞれ土俵は違っても、まずは挨拶から始まり、人の話を聞く姿勢、自主性を育むサポートなど根の部分は同じです。 

今回バレエを通し、幼児期における運動の意義についてを考えました。
それぞれの年齢相応に育ってほしい発達に関しても書いてございますので 是非皆様にも一読していただけたら幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パッセより 子どもたちの健やかな成長を願って


近年、子どもたちの運動能力及び体力の著しい低下は深刻化しています。

現在子どもたちの身体は発育も早く欧米化する一方で、昔に比べると幼少期から柔軟性に欠ける傾向が見られます。それに加えて運動不足が続くと成長期の怪我や大人になった時の深刻な運動機能障害(ロコモティブシンドローム)に繋がります。

子どもたちには4歳前後から運動をする習慣を身に付けさせることで、心身ともに健康に成長し、大人になってからも健やかな生活ができる身体作りを促すことができます。


さて、ここシンガポールでは暑さのためさらに外遊びの機会が少なく、バス送迎など歩く機会も少ないために、子供たちの体力と筋力の低下を心配なさる保護者の方々も多いことと思います。


日本の文部科学省による幼児期運動指針より5つの「幼児期における運動の意義」が以下のように書かれています。

1)体力・運動能力の向上

2)健康的な体の育成

3)意欲的な心の育成

4)社会適応力の発達

5)認知的能力の発達

パッセのバレエを通して上記を見ていきます。


1)体力・運動能力の向上  ‘運動機能を高める’


レッスンの中では沢山の決まった動きを学びます。
ストレッチから始まり、膝を曲げ伸ばしするプリエ、片足でバランスをとる練習や綺麗な姿勢を保ったまま動くジャンプや回転。
手の指先からつま先まで全身を使うことで、自分の身体をコントロールして動かす身体能力を養います。
また、1時間のレッスンを集中して続けることで運動機能を高めるだけでなく、集中力も自然と身に付いていきます。


2)健康的な体の育成  ‘身体作り’


バレエでは主に体幹を鍛える運動により、無駄な力を入れずに美しく踊る技術を身に付けていきます。
日本人に多いO脚や内脚そして猫背は骨格の問題ではありますが、レッスンで繰り返し筋力を鍛えることにより矯正が可能です。
また、日常的な運動習慣は肥満や痩身を防ぎ正しい食生活に通じていきますので、結果、病気や怪我の防止に大きく繋がっていきます。


3)意欲的な心の育成  ‘豊かな心を育てる’


毎年12月に開催される発表会では、華やかな舞台に向けて練習に励み助け合い、緊張感のある本番から大きな達成感を感じることができます。
6月の勉強会では、日々のレッスンの成果を試し自分と向き合う良い機会となっています。目標を持って努力した後には必ず泣いたり笑ったりと心は大きく動きます。
子どもたちは舞台で踊る経験から豊かな感受性、そして繰り返し新たな目標に向かうことでポジティブな心構えを身に付けていきます。


4)社会適応力の発達   ‘社会性を身につける’


発表会や勉強会を通して先輩である6歳児は年下の面倒を見るようになり、バレエが大好きな4歳児は誰よりも上手に踊ろうと、鏡を見ながら一人で練習して上達していきます。
このように子どもたちはバレエを学ぶ中で思いやりの心や自主性を身に付けていきます。
また、師弟関係では礼儀作法はとても大切で、挨拶・学ぶ姿勢や態度をしっかりと学ぶことができます。
幼少期から協調性を身に付けコミュニケーション能力を磨き、努力を続けることの大切さを学ぶことは、社会で成功をする上で欠かせない要素の基盤作りとなります。



5)認知的能力の発達  ‘感性を磨く’


バレエには体に8つの方向があり、正確にその向きをコントロールする必要があります。
また、広いステージを上手く使って踊る空間能力も大切です。
踊りながら周囲に気を配ることで、子どもたちは高い認識力と繊細な判断力を身に付けていきます。
また、役柄や空間を「お姫様」や「お城」などとイメージしながら踊ることで、豊かな表現力や想像力を引き出すことができます。
感性を磨くことは、ないものを生み出し限界を超える力を持つ「創造力」を育むことに大きく繋がっています。



バレエの大きな特徴は、エクササイズやテクニックの量の差はあるとは言え、 幼児からプロのダンサーまで同じ動きを繰り返し練習しているということです。

500年前から毎日世界中で繰り返されているバレエの基礎を学ぶことは、 全身運動としての素晴らしさはもとより、強い精神力と豊かな創造力を自然と身に付け、 音楽・衣装・バレエの公演を観る機会などから芸術的センスも養うことができます。

子どもたちがバレエを大好きになり自主的に楽しんで学ぶことは、心の安定と成長を促し、

それをそばで見守るご父兄にとっても誇らしい気持ちに包まれ、 子どもと一緒に「バレエ」と言う身近な芸術を楽しんで頂けることと確信しています。

世界中の人々に愛されるバレエを多くの方々に体験して頂きたいと願っています。



下記はスタジオのご紹介となります。

< スタジオアーツ パッセ >

住所  11 Unity Street #02-16 Robertson Walk Singapore 237995 (UEスクエア裏グレーの建物)

電話   65-6735-2819
メール  info@studioartspasse.com
URL  http://www.studioartspasse.com/
a0318155_05443626.png


[PR]
by irohakids | 2015-06-28 05:16 | 幼児教育

だっこの宿題

先日年少クラスで ‘HUG ME .PLEASE!!’ 「だっこしてください」という課題に取り組みました。

年少クラスになりお兄さん、お姉さんになったこどもたち。
こども同士の微笑ましいやりとりも出てきたり、それぞれが自信に満ちた表情で幼稚園生活を楽しんでいます。

それでも3歳、4歳では まだまだお母様方にも甘えたり 自分のことを認めてほしい 見てほしい気持ちが強いこどもたち。
そこで 今回の宿題では こどもたちの想いに沿ったテーマで行いました。

5月のテーマ学習でMY FAMILYについて学び 保育を通して 大好きなお父様、お母様、ご兄弟、おじいちゃまたちの存在に改めて気が付き、そしてみんなが支えてくれることを知りました。

だんだんおおきくなってくると こどもたち自身でできることが増え、自然とスキンスキップの時間が短くなりますが、こどもたちは抱っこされるのが大好き!
最初は恥ずかしがっていたこどもたちも 絵本を読みながら練習をするうちに 大きな声で「だっこして、Please hug me!」と言えるようになりました。

この宿題をきっかけに ご両親様にもお子様の成長を感じ、そして こどもたちも 愛情を感じるきっかけになったかと思います。

週明け、こどもたちから「抱っこしてもらったよ」「宿題持ってきたよ」と嬉しそうに報告をしてくれました。
私たちもご両親様の想いに触れ、胸が熱くなりました。 

園では 初めてのSHOW AND TELLで クラスのお友達の前に立ち、一人ひとり発表をしました。
まだまだ年少クラスのこどもたちは みんなの前に立つと ドキドキしてしまい、ことばが出なくなってしまうこどもたちもいましたが、先生方に メッセージを読んでもらい、嬉しそうにはにかんでいました。


いっぱいおっぱい飲んだよね。  
  ママのおっぱいで こんなに大きくなったよ。

いっぱいおしっこをしたよね。  
  パパがおむつを取り替えてくれたよ。

いっぱいうんちをしたよね。  
  ママがおしりをきれいにしてくれたよ。

いっぱいないたよね。  
  パパに抱っこしてほしかったからだよ。

いっぱいごはんを食べたよね。  
  ママのご飯を食べるのがすきなんだ。

いっぱい走ったよね。  
  パパと遊びたかったんだよ。

ぼくたち、わたしたちは ママとパパのこどもに生まれて よかったよ。
ママ、パパ、大好きだよ。 
抱っこの宿題をしてくれて、ありがとう。

a0318155_01150443.png

[PR]
by irohakids | 2015-06-22 01:16 | いろは幼稚園
海外に留学をしたり、英語圏で生活したりすることで英語が自然と上達すると思っている方は多いと思います。
しかし、大人の場合、能動的に英語を習得する意識、努力の少ない人は英語力があがりません。
シンガポールではいくらでも英語に触れる機会がありますが、ただ英語のシャワーを浴びるだけではなく、同時に、英会話のパターンやイディオム、単語なども自主的に学習しない限り、英語は使えるようになりません。
結果、在星年数が長くてもコミュニケーションもままならず せっかく海外生活に身をおく機会に恵まれても 英語を使わずにすむ環境に身をおく方も多くいらっしゃいます。

実際に海外に住んでみると 日本のカタカナ英語は通じないことを実感したり、自ら積極的に意思疎通を図り交流の輪を広げていかなければ 英語圏の方との関わりはうまれません。

またシンガポールにはさまざまな情報が日本語で入りますが、それでも人口540万人のうち日本人は3万人しかいませんので ここシンガポールでは少数民族である日本人をターゲットにした情報量は圧倒的に少なく、英語ができるようになれば ぐっと世界は広がります。

いろは幼稚園には数多くの日本人の先生方にお勤めいただいています。
皆さん、海外で専門性をいかし働こうと夢を持ち、シンガポールに渡っていらっしゃった先生方々です。
いろは幼稚園は 日本語と英語のバイリンガル園ですので 就業なさった機に、日本人の先生方にも より実践的な英語力を身につけ グローバルに活躍する人になってほしいと願っています。

現在日本人の先生方は毎週語学学校にも通われ、英語力を磨いていらっしゃいます。


下記はいろは幼稚園でお仕事をされながら 英語を日々学ばれ、前向きに取り組まれていらっしゃる先生方の感想文です。

※ 来星1年目 ※

海外で仕事をしていくうえでは ことばでのコミュニケーションは一番大事な要素だと日々感じています。
ただ 海外で暮らしていれば 英語が身につくわけではありません。
思っていることや感じることを ことばで表現できるようになるまでは もどかしさや悔しさを感じることもありますが、それでも 日々の生活のなかで 英語を使っていくことで 相手との距離が縮まり、気持ちが通じる手ごたえを感じています。
私の目標である「英語で世界中の人との交流を深める!」ために 日々努めています。
仕事との両立は難しい面もありますが、今後の自分の為にも今の恵まれた環境を存分に生かして頑張っていきたいです。

※ 来星3年目 ※

シンガポールに来て、3年目になりました。
シンガポール生活をする中で、英語が十分に話せなくても生活をすることはできます。
しかし、行動範囲が広げられなかったり、英語圏の交友関係は広がりませんでした。
英語を学びだしたことで、いろいろな人とコミュニケーションを取ることに抵抗がなくなりました。
自分の英語がわかってもらえなかったらどうしよう、相手の言っていることがわからなかったらどうしようと不安に思っていましたが、とりあえず自分の知っている単語で話してみよう!という気持ちが持てれば、どんどん英語が身についてきたように思います。
私もまだ勉強中ですが、これからも積極的に英語を話し、多くの人とコミュニケーションを取っていきたいと思います!

a0318155_15565738.png
[PR]
by irohakids | 2015-06-16 15:57 | 幼稚園の先生・求人

手足口病の注意喚起のお知らせです。

シンガポールでは毎週感染者の数の推移を保健省で管理しております。

このところ感染者が増えていたようですが、5月24 日の週の感染者がとうとう千人(1004名)を超えことを受けて、これ以上感染者が拡大しないよう各園で管理を徹底するようにとの通達です。
(黄色警告レベルとなりました)


幸い、現在いろは幼稚園では手足口病に感染しているお子様はどなたもいらっしゃいませんが、毎朝の健康チェックで見落としがないよう、引き続きしっかりと取り組んでまいりたいと思います。

皆様におかれましても お子様のご様子や体調の変化にくれぐれもお気をつけくださいませ。

The reported cases of HFMD in Singapore has continued to spike and has reached the highest level in the past year
(1004 cases for week 21: 24 - 30 May 2015).

Protect your children by ensuring that they adopt the following good hygiene practices:

- Frequently wash hands with soap e.g. before eating and after going to the toilet;
- Cover mouth and nose with a tissue when coughing or sneezing, and th...row the tissue away into a bin immediately;
- Do not share food/drinks, eating utensils, toothbrushes or towels with others.

If possible, it would also be prudent to avoid bringing your preschoolers to public or crowded places during this period.

保健省の感染症のレポートとなります。

URL    https://www.moh.gov.sg/content/dam/moh_web/Statistics/Infectious_Diseases_Bulletin/2015/May/2015_week_21.pdf

a0318155_23493512.jpg
[PR]
by irohakids | 2015-06-08 23:50 | お知らせ

ESL Network Meetingのご報告

シンガポールでは、数年前よりのインターナショナルスクール間でESL(英語を母国語としない子どもたちに英語を教えている), Mother Tongue (母国語クラス、日本語、中国語、フランス語等の英語以外の外国語)の先生方が年に数回集い、お互いの学校のカリキュラムや教材紹介、子どもたちの習得の様子などについてディスカッションをする研究会が開かれております。
幼稚園から高校まで色々なレベルの先生方が集い、バイリンガル教育についての理解や知識を深める大切な機会でもあります。


色々なインターナショナルスクールの先生方が毎回参加されておりますが、小・中学校の先生方が多く、今まで幼児教育の先生方からの企画がありませんでしたので、今回は本園で開催させていただきました。


いろは幼稚園の完全に英語と日本語が半々という、今までインターナショナルスクールや日系園でもなかったユニークなスタイルのバイリンガル教育にとても関心を持っていただけたようです。
「バイリンガリズムはどのように確立されるのか」「母国語の大切さ」「英語や日本語に始めて触れる子どもたちにどのようにアプローチするべきか」などについても話し合いました。


Overseas Family School, Chatsworth International School, Eton House, British Council などたくさんの先生方にお越しいただき、とても有意義な時間を持つことが出来ました。
今回のワークショップで得た情報や知識を、日々の保育にいかしていかれますよう今後とも向上心を持って取り組んでまいりたいと思います。

下記の画像はグループディスカッションの様子です。
a0318155_17093396.png


[PR]
by irohakids | 2015-06-07 17:15 | メッセージ

救命救急講習

こどもたちに関わる死亡事故や事件など痛ましいニュースを耳にすることも多く、小さな命が被害にあうことがあります。

いろは幼稚園では 大切なこどもたちの命を守るため、大切な命を預かる園として 園生活のなかで予測されるこどもたちの危険や緊急事態の場面を知り、その対処法を学ぶことのできる小児、乳児に特化したCHILD FIRST AID COURSEを園職員が受講しました。

日本の普通講習では3時間程度の講習ですが、ここシンガポールでは丸3日間にわたり行われ 実践的でさまざまな場面でおこった実例をもとに 講義が行われます。

怪我の手当や事故後の対応のみならず、幼稚園児が過ごす環境の整備、活動での人的配慮、安全管理など 具体的にどのように取り組むべきかを改めて考える機会にもなりました。

保育の活動だけではなく、園外保育、ご父兄の方々参加される行事の場面でも 不慮の事故はおこりえます。
日頃から意識を高め、事故に合わないような予防を心がけることの重要性を再認識しました。

いろは幼稚園のこどもたちが 安心して園生活を送れるように 全職員でサポートしていきます。

※ 画像は講義や資格試験の他、心肺蘇生法、止血法、被覆法、骨折の手当て、運搬法などの実技応急手当講習も行われました。
a0318155_01143777.png
[PR]
by irohakids | 2015-06-01 00:49 | 幼稚園の先生・求人