<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

こどもの日

古来から‘端午の節句’として こどもたちの健やかな成長を願い、お祝いをしてきました。
 
いろは幼稚園でも 園内各所にはこどもたちが製作したこいのぼりが泳ぎ、こどもの日の集会では 先生方による‘こどもの日ってなあに’のペープサートを観たり、明治屋さんから美味しい柏餅を朝一番に届けていただき、食しました。


こうした日本ならではの伝統行事は園生活に取り入れなければ 季節の歌も文化も 海外生活を送るこどもたちは知らずに育ってしまいます。
毎年こどもたちに継承していきたい年中行事の一つですので いろは幼稚園では 全学年で それぞれ理解を深めていきました。

バイリンガル教育を実践する園としても 単にコミュニケーション能力がある、文字が書けるだけではなく、こうした文化習得力や習慣の理解も ことばを習得していく過程では大切な要素であると考えます。

母国語の基礎をつくる時期に しっかりとした年齢相応の日本語力や日本人としてのアイデンティティを身につけることの重要性はこれまでにも述べてきました。

こどもたちが健やかに育つお手伝いをすると共に こうした年中行事も 一つ一つ大切にお祝いしていきたいと思います。



♪ 屋根より高いこいのぼり~ ♪
a0318155_08483919.png
[PR]
by irohakids | 2015-05-17 09:39 | いろは幼稚園

母の日

世界各国では母の日のお祝いの日はそれぞれですが、ここシンガポールは日本と同じく5月の第2日曜日が‘母の日’でした。


幼稚園では各クラス母の日とは何か’の話しや日頃のお母様の様子を思い話し合いもしました。


お買いものに行く、お掃除屋ご飯を作ってくれる、お洗濯やあかちゃんのお世話をしてくれ、具合が悪い時は心配してくれ病院に連れて行ってくれる とこどもたちからお母様方の役割についての発言がありました。こどもたちはお母様方のことをよく見ています。


‘母の日’と通じ、お母様が毎日してくださることがたくさんあることを知り、そしてどんな時も心を寄せそばにいてくれること、お母さんの大変さ、かけがえのない存在であることにも気がつきました。


そして、母の日には大好きなお母様に「ありがとう」と感謝を伝えると共にそれぞれのプレゼントをお持ち帰りをしました。


お母様の笑顔を見るとこどもたちも嬉しい気持ちになります。


お母様方も初めての子育てで戸惑われたこと、睡眠不足で余裕がなかった時期、こどもの成長に一喜一憂することもあるかと思います。


子育てには正解も近道もなく、目の前にあることに対し、ベストを尽くすこと。そして、積み重ねていく方向性、中長期のプランを見据え、模索していく過程で 母は母になり、こどもたちも学ぶ機会に恵まれるのだと思います。


ついつい こどもたちに失敗しないように、みんなと同じようにと答えを教えるのではなく、こどもたちの可能性を信じて見守っていきましょう。


世界中のお母様、ありがとう。

a0318155_20552045.png


[PR]
by irohakids | 2015-05-14 20:50 | いろは幼稚園