<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

海外生活においてきちんとしたプロ意識をもった専門家に出会えること、また情熱をもってそのお仕事に従事していらっしゃるとご一緒できるのは本当にありがたいことです。

いつも当園にコラムを書いてくださったりご指導いただいているシンガポールの日本人会クリニックの先生方も 本当によく子どもたちのことや健康について真摯に向き合っていらっしゃいます。

 来月には健康診断を実施致し、こどもたち人一人一人の内診もしていただく予定です。


今回は「間欠性斜視」についてお知らせをいただきました。どうぞ一読くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回は間欠性斜視についてお話します。これは斜視の中で最も頻度が多いものです。


斜視とは眼球の位置が光が正常に入ってくる方向とずれていることです。こうなると大抵、左右の眼球の位置(眼位)がそろっていないことになります。(厳密には眼位がずれていても両眼視能力を獲得していれば斜位といいます。)100人に2人くらいの割合で見られます。

間欠性斜視とは、眼位が常にずれているわけではなく、眼位がそろっている時と、そろっていない時がある場合を言います。正しい位置に保つのが難しくなると恒常性斜視になります。

眼位がずれやすいのは、何かに焦点を合わせない時です。ぼおっと遠くを見ている時などがこれに当たります。日常でこれに気がつくタイミングは、朝の起きがけや、子供が泣いた時です。泣いているときには何かを見ているわけではないので視線を合わせる努力がされず、斜視のある子は目の位置がずれることになります。また、子供が“お母さんが二人、二人”などと言ったりすることもあります。


視力はものをきちんと見ることでその能力が育ちます。左右で違うものを見ていると幼児にはものが二重に見えてしまいます。

そのため、幼児の脳はどちらかの目からの情報を無視するようになります。すると、無視された目は視力が育たない(脳が訓練されない)状態となり、弱視となってしまいます。

結果、片眼だけで見ているのと同じ状態となり、距離感がつかめないことになります。これは、運転や球技などで不利となります。弱視となってしまったら、後に、目の位置を揃える手術をして、眼位を揃えても、視力は獲得できません。弱視にならないような工夫が必要となります。

間欠性斜視であれば眼位があっている時間があるので弱視になることはまずありません。自然軽快が20%ですが、30%の人ではだんだんずれる時間帯が多くなって恒常的な斜視になってしまうと言われます。つまり間欠性でなくなってしまうわけでこれが幼児期におこれば、弱視、両眼視機能が獲得できないということも起こり得ます。

また、斜視には別のタイプもいくつかありますので、あれもしかしたら?と思われたら、まずは、近くのクリニックで相談してみましょう。
a0318155_01545759.jpg


[PR]
by irohakids | 2014-05-22 01:56 | 豆知識
シンガポールの教育省の正式な認可を受け、新規日系幼稚園 「いろは幼稚園」が開園致しました。

シンガポールで日本の子どもたちに「質の高いバイリンガル教育を!」という思いで開園を致しました。

事前予約制で入園説明会を行います。平日にも個別でご対応をいたしますが、週末開催のご希望も受け、下記の日程で開催致します。是非みなさまお越しください。


―――入園説明・登録会―――

週末にご家族の皆さまとご一緒に説明会に参加を希望される方の声に応え、下記の日程で説明会を行います。

【日時】 
2014年5月24日(土)
・10時~11時 

【場所】
231 Mountbatten Road, Mountbatten Centre , Block C (S) 397999
※イーストよりセントラルエリアになります。

【交通手段】 
MRT     Mountbatten 駅(サークル線) 出口A 
バス      №7,10,14,16,32,197 他
タクシー   Guillemard Crescentよりお越し下さい。

※敷地内には十分な駐車スペースもございますので、お車でお越しいただくこともできます。
住所はMountbatten Roadですが、お車ですとGuillemard Crescentからお入りいただくようになりますので、ご注意ください。

【申し込み方法】 
お子様の名前、ふりがな、年齢、希望日時、参加人数(大人・子ども)、連絡先電話番号をメールにてお知らせ下さい。
(メール送付先; irohajeis@outlook.jp )

【U R L】 
いろは幼稚園のホームページ 
http://iroha.sg/
(英語でもご覧いただけます)

※Mountbatten駅からの道順  http://irohakids.exblog.jp/19656817/

※入園説明・登録会は完全予約制となります。

※本園は定員140名をお受けできる規模の園となっております。

※写真撮影はお断り致します。

※必ず靴下または室内履き、筆記用具をお持ち下さい。


a0318155_122677.jpg

[PR]
by irohakids | 2014-05-13 15:36 | いろは幼稚園

幼稚園教諭募集

シンガポールに住む日本人のこどもたちの為によい教育をという思いで教育庁の正式な認可を受け、新規日系園を開園致しました。
保育では、シンガポールのよさや英語を取り入れながら、日本の伝統的な行事や文化を大切にし、日本人ならではのきめ細やかな指導を行います。
職員同士がアイディアを出し合い、特技を生かし、こどもたちの笑顔のために、一緒に園を作ってくださる方を大募集いたします。
幼稚園の職員は日本人をはじめ、様々な国籍の人が一緒に働くことになります。園児は大半は日本人となります。
また、クラスは一人ひとりの子どもを丁寧にみられるように、英語の教諭との2人担任となります。

職員にとっても仕事と生活のライフバランスが取れるような職場環境ですので 結婚、子育てをしながらも働いているベテラン保育士が多く勤務しております。

毎日笑顔で過ごせるお仕事を一緒にしませんか。お気軽にお問合せくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 採用条件(資格等) 】
・幼稚園教諭・保育士の資格保持者
・DP. PRの方
・研修・試用期間:3ヶ月有
 
【 勤務条件 】
クラスの担任
日常会話ができる方。
幼稚園教諭の経験者であれば、ブランクがある方でも歓迎いたします。
月~金 8:00 ~17:00(園行事などがある場合は週末出勤もあり)

【休日】
週休2日/園が指定する休日/シンガポールの祝日/その他長期休暇

【待遇(給料等) 】
※経験年数と園規定により決定いたします。

【 応募締切 】:随時募集(採用者決まり次第終了)

【 応募方法 】:下記までEメールにて「履歴書・職務経歴書」(写真付)をお送り下さい。
書類審査を経て面接を行います

【 本求人・採用に関する連絡先 】
メール: irohajeis@outlook.jp
(いろは幼稚園 求人担当者)

みなさまのご応募をお待ちしております
[PR]
by irohakids | 2014-05-13 15:35 | 幼稚園の先生・求人

事務アシスタント(パート)を募集いたします。

仕事内容
園運営がスムーズに機能するために広範な事務を担当いたします。
(財務、受付、文書作成、ファイルング、備品管理、施設管理など) 
子どもたちや教諭らが快適に園生活を送れるような環境にする具現化のお手伝いしてくださる方、園全体の状況を常に把握し、柔軟かつ創造的に働ける方、毎日笑顔で過ごしたい方を募集しております。
子育て中の方でもお仕事していただけますので、時間や休暇等の相談も承ります。


募集内容 
 事務(パート)

勤務条件

(休日)    週休2日/園が指定する休日/シンガポールの祝日/その他長期休暇
(勤務日)   月~金 (園行事などがある場合は週末出勤もあり)
(勤務時間)  8301700(応相談、長期休業は別途相談)

待遇(時給)
 経験・園規定による
応募方法 

 履歴書・職歴書を下記メールアドレスまで送付ください。(日本語・英語) 書類審査を経て面接を行います
採用条件 

 PCスキル(Word,Excel,Powerpoint,Access

 日常英会話(業者とのやりとりや会議などは全て英語となります)
問合せ先

 irohajeis@outlook.jp (採用担当)
締切

2014615日(日)

何よりも一緒にこどもたちの笑顔のために、また園をよりよくしたいと思ってお仕事をしてくださる方を募集しております。
皆さまの応募をお待ちしております。

a0318155_16053178.jpg
[PR]
by irohakids | 2014-05-11 21:59 | 幼稚園の先生・求人

ESL教師の研修会

SL Teachers Network Meeting

インターナショナルスクールで英語を母国語としていない子どもたちに英語を教えている先生の研修会が先日オーストラリアンインターナショナルスクールで開かれ、いろは幼稚園もバイリンガル園として参加してまいりました。

他にもチャッツワース、ジャーマンヨーロピアン、スタンフォードアメリカンなど20名以上の先生方が集まり、どうすれば子どもたちが興味を持って英語を習得していかれるか、どんな取り組みをしているかなど意見交換やカリキュラムの紹介が行われました。

これからも積極的に研修会などに参加し、より良い保育を目指し、また子どもたちが楽しみながら無理なくきちんとしたコミュニケーションがとれる英語力を身につけていかれるよう取り組んでまいりたいと思います。

※ESLとは English as a Second Language の略称です。

a0318155_10514663.jpg
a0318155_10483992.jpg


[PR]
by irohakids | 2014-05-07 10:54 | 幼稚園の先生・求人