英語を学びながら 海外で働く

日本で 経験を積まれ その専門性を活かし

海外で活躍する先生から

これから 海外で お仕事を!

と考えている方へのメッセージをいただきました。


ご本人は 謙遜してお書きになられていますが、

語学力を補うため 保育の中で 自分の強みを活かしたり

毎日コツコツ誠実にお仕事に取り組み

その責任感の強さから 同僚からは 厚い信頼を寄せられています。


理想や不満を言うは簡単です。


しかし、語学の習得のために努力し続ける強い心や

夢を叶え 更に 自分の糧にしながら 両立していくのは

容易ではありません。


海外に住める機会は 誰にでもあるわけではなく、

いつまでも そのチャンスが続くわけではありません。


ご縁のあった職員には その機会を

最大限に活用してほしいと

強く願っています。


だからこそ、今しかできないこと、

今だからできることに

挑戦してもらいたいと思います。


本当に 気持ちのある職員に恵まれ 幸せです。



シンガポールに来て、約1年半が経ちました。


こちらに移住する前は、

保育園での目が回るような忙しい仕事の毎日に追われ、

ほとんど英語に触れる機会も無く

英語の学習はほぼ0からのスタートでした。


シンガポールでは、

英語を十分に話せなくても 生活することは出来ます。


しかし、英語スピーカーの同僚たちと

同じ場所で働き一緒にクラスを担任するということは、

やはり英語でのコミュニケーションや

話し合いが必要不可欠なものとなります。


はじめは、英語で行われる会議の内容も、

同僚との何気ない日常会話も聞き取りが難しく、

言いたいことの半分も言葉にできず

本当に苦労しました。


しかし、仕事後 夜間の英会話学校に通い始めたことで、

少しずつ相手の話している内容が

理解できるようになりました。


「こんな時はなんて言えばいいんだろう?」

「もっとこんな風に伝えればよかった」と

疑問に思ったり分からない単語に出会った時は、

メモしておき 後で調べたり

同僚や語学学校の先生に聞いたりして、

「分からなかった」だけでは終わらせずに、

必ず次に活かせるようにしています。


母国ではない海外で

保育の仕事をしながらの語学習得は、

思うようにいかず

体力的にも精神的にも難しい

と感じる時があります。


しかし、学んだことは その分仕事に活かせるので

自分の助けになりますし、英語が話せることで、

英語スピーカーの担任と一緒に行う日々の保育も

より楽しく豊かなものになりました。


また、私生活でも交友関係や行動範囲が広がり、

いろんな人種・考え方の人に出会うことで

日本にいた時よりも視野が広くなったと感じます。


まだまだ思うように伝えられず、

聞き取るのが難しいときも多く勉強中ですが、

これからも積極的に英語を習得し、

いろいろな人と関わることで

保育者としての自分の世界を広げていきたいと思います。


a0318155_01524725.jpg

いろは幼稚園 
http://www.iroha.sg/
FACEBOOK 
https://www.facebook.com/Iroha-Kindergarten-いろは幼稚園-1497438800476197/


[PR]
by irohakids | 2017-08-30 01:48 | 幼稚園の先生・求人